沖縄のパチンコ、沖縄のスロット(パチスロ)情報、パチンコ店情報が満載!
ビッグチャンス
ホームホール情報ローカルネタ機種情報求人情報リンク |
パチスロとは?  初心者向けのスロット講座その1   [ホールでの遊び方]  [ トップに戻る ]

動画でも簡単に解説しています!
・コインを3枚入れてリールを回し、そのリールを止めて、出た図柄の並びでコインの獲得ができます。

・パチスロは沖縄が発祥の地となっており、現在でも沖縄仕様のパチスロ「沖スロ」があり、本土のパチスロと区別されています。 大きな違いはコインの大きさで区別され、直径が3センチ(30Φ)のコインを使うパチスロが沖スロで、直径が2.5センチ(25Φ)使うパチスロが本土のパチスロです。
パチスロの種類
・沖スロ 沖縄仕様 コインの直径30Φ(ファイ)
・パチスロ 本土仕様 コインの直径25Φ(ファイ)
パチスロのタイプ
・Aタイプ ビッグボーナス中にボーナスゲームを3回まで行なえる
・Bタイプ ビッグボーナス中にボーナスゲームを2回まで行なえる
・Cタイプ ビッグボーナスがなく、メインの役がシングルボーナスの集中またはAT

・リールの揃った絵柄により、コインの払出しが決まります。主に15枚以内の払出しがある小役と、一挙に110枚程度の払出しがある「レギュラーボーナス」 そして「7」が3つ揃って発生するビッグボーナスがあり、約240枚〜711枚(タイプによって異なる)まで獲得できます。

・沖縄独特の呼び名でパチスロを「マシン」、レギュラーボーナスは「ベイビー」とも呼ばれています

・沖スロの場合、ビッグやレギュラーボーナスに当選すると、告知をしてくれます。機種によって告知のされ方は異なりますが、 告知があった場合はビッグ絵柄やレギュラー絵柄を狙って揃える必要があります。 絵柄を狙って揃える事を「目押し」と言い、目押しができない方は店員を呼んでください。沖縄では店員による「目押しサービス」が定番です。

・大当りが連続したり何度も大当りすると、獲得する出玉(払出しによって得られたコイン)によって、より多くの景品と交換できます。

・現在、タレントやアニメ・映画などをモチーフにしたパチスロ台が増え、大当りする際の期待感が、より一層面白さを増しています。
パチスロの大当りの仕組みって?
スタートレバーを叩いた時に、各機種のスペックに該当する確率で「当たり」か「ハズレ」かが決定されます。 パチスロでは大当り確率を設定1〜6までの6段階で調節でき、設定6が最高設定で確率が高くなっています。
・リール 1つのリールに21個絵柄が並んでおり、3つのリールの組合せでゲーム性が決まる
・BETボタン コイン50枚分を貯められるクレジット機能があり、プールした分をBETする為のボタン
・スタートレバー コイン投入後、プレーをスタートさせる為のレバー
レバーを下ろすと、3つのリールが回りだす
・ストップボタン 回ったリールを一つずつ止めていくためのボタン
通常は左から止める
・コイン投入口 コインを入れるための投入口で、1枚ずつ投入する
・コイン払出し口 クレジットに50枚貯まると、51枚目からはここからコインが出てる

ホームホール情報ローカルネタ機種情報求人情報リンク |

掲載の写真・記事・情報・の無断転載を禁じます。  [プライバシー]
Copyright(C)2001-2011, BIG CHANCE CO.JP. All Right Reserved.