―― さ ――
サクラ
ホールが出していることをアピールするために用意した優秀台を、「いくら玉(コイン)を出しても日当は数万円」といった契約で打つ人のこと。
―― し ――
しーたいぷ『Cタイプ』
パチスロのビッグボーナスがなく、メインの役がシングルボーナスの集中またはATというパチスロ。
じたん『時短』
パチンコの小デジタルの回転時間が短縮され、メインデジタルの回転時間も短縮され、電チューの開放時間が延長される機能。
しま『島』
台を設置するための設備。ずらりと並べられた1列を一島(ひとしま)と言う。
ジョイコシステム
オリンピア、サミー、三洋物産、ソフィア(西陣)、大一商会、平和、制御機器メーカーのオムロンの計7社が共同出資して設立した、株式会社ジョイコシステムズの遊技機用プリペイドシステムのこと。カードではなく、ICチップを内蔵したコインを使用する点が新しい。全国初導入は2001年11月30日、群馬県高崎市の第三新効(平和の直営店)。
しんきじゅんき『新基準機』
新しい基準に沿って作られた機種のこと。
―― す ――
スーパーリーチ
パチンコのノーマルリーチ以外はスーパーリーチと呼ぶ風習がある。信頼度は様々。
―― せ ――
せってい『設定』
出玉率を左右する機能。パチスロは6段階設定で、設定によってボーナス確率やコイン持ちなどが異なる。以前のパチンコ(CR機)は3段階設定で、設定によって大当たり確率が異なっていた。
ぜんかいてん『全回転』
パチンコのリーチアクションのひとつ。大当たり確定または激アツのアクションとなっている。元祖は西陣の「春夏秋冬」。
ぜんちょあくしょん『前兆アクション』
パチンコの、リーチや大当たりの前兆となる演出のこと。予告と言ってもいい。パチスロでは、RT解除が間近に迫った時に起こる特定演出のこと。
―― そ ――